日本の美を大切にして下さる方へ 着物・帯・和装小物 着物ちどりのブログ

着物ファンに価値ある着物を格安でご提供できるよう富士の麓で元気に商い中

   

image

着物ちどりの屋上から見た夕焼けです。

最近中古の袋帯をかなりの数をアップしました。

その殆どが10,000〜13,000円という驚きの価格設定です。

ではなぜ中古の帯がコスパが高いのかを解説したいと思います。

中古の帯は、一度お客様が購入し、それを買取業者などで処分しているのですから、帯屋さんなどの製造原価から解放されます。

例えば、帯屋さんの製造原価が30,000円→問屋が33,000円で小売店に販売→小売店が66,000円ネットなどの(安いお店)または210,000円(展示会や高い小売店)で販売。

リアルな話で、これぐらいのお品なんかがよく13,000円以内のお品に多いと思います。

ネット店の66,000円の府黒帯なんかは、もうかなりの上ランクの方ですからね(着物ちどりならですが)

でもまぁ、新品の品を売っていかないと職人さん達の仕事が少なくなるし…と気になる所ですね…

業界一丸となって着物ユーザー自体を増やさなければこの先は無いと考えております。

 - 店主のつぶやき

アドセンス

アドセンス

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

  関連記事

藍染日傘 ワンランク上の上質なお品

メーカーに在庫が有る限り注文可能です。 ご希望の方はお電話にてご注文を承っており …

g229-1
超一流染匠 絹菱さん 夏帯が染め上がってきました♪

絹菱という染屋さんは有名ではございませんが、染めの北川、菱健、工芸キモノ野口の染 …

江戸紅型 ここの染屋さんは本当にセンスがあり素晴らしい!

東京でがんばっている江戸紅型の染屋さん 東京だからなのか、すっきりとした白地が多 …